事務所ブログ


認知症と相続対策

 認知症になると預金を下ろしたり、不動産の売買や大規模修繕をすることができなくなり、相続対策もできなくなります。
そこで、認知症になった後も相続対策や資産活用をしたい、又は認知症になったときに備えて賃貸物件の管理を家族に任せたい。
という希望の方々のためにあるのが「家族信託」です。
「家族信託」とは、ご自身(委託者)の財産を信頼できる家族(受託者)に託し、利益を受ける人(受益者)のために
目的に従って管理・処分してもらう財産管理の方法です。
 将来の認知症リスクに備えて「家族信託」が、今、注目されています。
 次回は、より詳しく「家族信託」の活用例をお話しします。

ブログ

相続税の無料個別相談のご案内

お金持ちの問題として片づけていた相続税が、あなたの生活を脅かすことになるかもしれない。
税制の改正により、相続税の申告対象者が増加している。こうした状況を受けて、当社では現在、税理士が疑問や不安に答える「無料相続税個別相談」を受け付けている。
具体的には、相続税がかかるか不安な人や相続税の申告はどうしたらいいのか困っている人。また、相続時にどのくらいの相続税がかかるのか知りたい人など。
「お気軽にお問い合わせください。」

新着情報